フィリップ・K・ディック映画祭2019に選ばれました!




『アラーニェの虫籠』が、フィリップ・K・ディック映画祭2019で正式上映されることが決定しました!

3月9日(土)、ニューヨークのシアターで上映されます。USAプレミアです。

映画祭公式サイトのスケジュールと作品紹介ページ

http://www.thephilipkdickfilmfestival.com/program_19_NY.html

 フィリップ・K・ディックと言えば、『ブレードランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』などの原作者で知られ、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『AKIRA』にも影響を与えた高名なSF作家。

 その名前を冠した映画祭とあって、彼の作品世界にも通じる、斬新かつ挑戦的な作品を厳選し、3月にNYやカルフォルニアなどで開催されます。

 他に上映されるラインナップも非常に興味深く、こんな素晴らしい映画祭に選ばれたことをとても光栄に思います。

 映画祭当日に向けて、まだラインナップが発表されたばかりで、今後さらに新しい情報が入る予定なので、またご報告させていただきます。